怪談師夜馬裕さんのプロフィールや、一番怖い怪談をご紹介

怪談師

後味の悪い厭な怪談を話すことで有名な怪談師、夜馬裕(やまゆう)さん。
その実力は多くの怪談師が認めるほどで、映画事故物件恐い間取りの原作者である事故物件住みます芸人松原タニシさんも推しているほど。今回はそんな夜馬裕さんについてご紹介いたします。

1.夜馬裕さんのプロフィール、獲得してきたタイトルや受賞歴など

名前夜馬裕(やまゆう)/本名は不明
相方インディさん
誕生日10月1日
星座てんびん座
好きな鳥ヘビクイワシ
その他好きなもの猫、奇妙な生物、お酒と料理、映画、漫画

元々記者で全国各地を歩き渡き、その地元の酒場(主にスナックなど)で「怖い話ありませんか?」と怪談を蒐集していたという夜馬裕さん。
その地道な蒐集の成果の結果、今は数百以上の怪談を持っているといいます。

夜馬裕さんとインディさんという怪談社のような感じの、怪談師ユニットとして活動する傍ら、カクヨム異聞選集コンテストの「落とされ坂」で大賞を受賞。
因みに夜馬裕さんが獲得されてきた賞は下記の通りです。

大会名賞の種類タイトル
第6回「幽」怪談実話コンテスト佳作不明
第7回「幽」怪談実話コンテスト優秀賞友は還りて夜をゆく
カクヨム異聞選集コンテスト大賞落とされ坂

怪談を語るだけではなく、文章においても類まれなる才能を発揮する夜馬裕さん。
第6回「幽」怪談実話コンテスト佳作については、詳細が確認できなかったのですが、3度も受賞をされている経験もある夜馬裕さんの怪談が何故こんなにも怖いのか分かりました。

また、怪談を語ると言った点においては、「怪談最恐戦2019年」に出場し、怪談最恐戦2019ファイナル第1ステージまで進みました
その内容は、下記DVDや本があるのでぜひご覧ください。



そして、来る2020年6月4日(木)に「怪談最恐戦2019‐2020スペシャルLIVE 因縁の怪宴(無観客オンラインライブ)」で夜馬裕がまた出演されますし、2020年6月6日(土)にて事故物件住みます芸人松原タニシさんがMCを務めるおちゅーんにて開催される「OKOWAタイトルマッチ四の章」などに出場されました。

夜馬裕さんの出演予定につきましては、夜馬裕さんのTwitterよりご確認ください。

1-2.相方インデイさんと夜馬裕さんとの馴れ初めや、インディさんについて

若い頃は記者の仕事をしていたという夜馬裕さん。そんな夜馬裕さんとコンビを組むことになったインディさんとの馴れ初めは何だったんでしょうか?
それは、「怪談のシーハナ聞かせてよ。第弐章」の「第2話」の冒頭部分でも語られておりますが、元々インディさんがバーテンさんをやっており、夜馬裕さんがそこのお店に行くのが好きで、お互い怪談好きということもあって怪談師ユニットを組むことになったと言います。

インディさんは新宿で安らかに横たわる睡眠者達を撮る写真家Shinjuku deep sleepとしても活動中とのことで、インスタ「shinjuku deep sleep」を除いてみると…

 

この投稿をInstagramで見る

 

たどり着けなかった魂の抜け殻280 「寄りかかる壁」 #泥酔 #meltdown #新宿

shinjuku deep sleep(@indiegarcia138)がシェアした投稿 –

 

この投稿をInstagramで見る

 

辿り着けなかった魂の抜け殻278 「オープンマウス」 #泥酔 #meltdown #sleep #shinjuku

shinjuku deep sleep(@indiegarcia138)がシェアした投稿 –

飲んだくれた人達の抜け殻がつらつらと投稿されておりました(笑)
私はお酒は普通には飲めるのですが、毎日飲むことはないので、ここまで酔い潰れた経験がないので失礼ながらもとても楽しく拝見させていただきました。

また、インディさんはTwitterの自己紹介欄でも「映画と海外旅行に余生を捧げています」と書いているほど、映画については「Radiko」でおすすめの映画を紹介するほどの映画愛が深いお方です。

2.夜馬裕さんの話し方や声のトーンは聞き取りやすい?

夜馬裕さんの怪談の語り方は、言葉で表現できない何というか淡々と語ってくれているんですが、その裏にある狂気が隠れているような感じがして、良い意味での違和感を感じるんですよね。

ここぞという所でも決して声を荒げないですし、恐怖を感じる部分でも淡々と語り続ける…
語りの中に1つの芯がどんっ!と通っているような、威厳さえも感じさせる語りです。

3.夜馬裕さんの一番怖い怪談

全国各地の怪談イベントで怪談を語った後は、その現地で寂れたような酒場(主に)何度か訪れ信用を得た後に、「怖い話ありませんか?」と聞くという夜馬裕さん。
そんな夜馬裕さんは現在数百以上もの怪談を持ち合わせており、その全てを聞いた訳ではないのですが、hako的に一番怖いと思った怪談をご紹介します。

それは、「ほうたいさん」と「落とされ坂」「指喰い天女」「もういいかい?」です。
この4つのお話は夜馬裕さんの代名詞でもあるただ後味の悪い【厭な話】にふさわしいお話だと思います。
特に後味の悪さで言えば「ほうたいさん」がhako的にはとても怖く、トラウマになりそうでした…

「ほうたいさん」は、夜馬裕さんの初の著書(共著)である「高崎怪談会 東国百鬼譚 (竹書房怪談文庫)」に収録されています。
高崎怪談会 東国百鬼譚 (竹書房怪談文庫)では、他に「死猫三景」という、これもまたタイトルから怖さが伝わってくる話もございます。

次に「落とされ坂」「指食い天女」については、「怪奇蒐集者 夜馬裕 [DVD]」に収録されており、他にも「カクヨム異聞選集コンテスト」で大賞を獲得した「落とされ坂」や、「サヨナラ霊能力」「故郷の黒い影」などが収録されております。


怪奇蒐集者 夜馬裕 [DVD]

そして、「もういいかい?」については、「怪談のシーハナ聞かせてよ。第弐章」の第17話で語られています。
このお話の最も怖い所が、現在進行形のお話だということです。詳細は述べられませんが、夢に関連することでありhakoも時々不思議な夢を見るのでとても不安になった話でもありました。

怪談のシーハナ聞かせてよ。第弐章をAmazoPrimeVideoで見る
怪談のシーハナ聞かせてよ。第弐章をU-NEXTで見る(※AmazoPrimeVideoに比べると更新が遅いです。詳細はこちら

4.夜馬裕さんのメディア情報

●怪奇蒐集者 夜馬裕

怪奇蒐集者 夜馬裕 [DVD]

AmazonPrimeVideoで見る

U-NEXTでも「怪奇蒐集者シリーズ」は視聴可能ですが、夜馬裕さんはまだ追加されていません

怪談最恐戦2019年
夜馬裕さんが怪談最恐戦に出られたのは、2019年東京予選会出場者(怪談最恐戦2019年東京予選会ファイナル出場)、怪談最恐戦2019ファイル



住倉カオスの怪談★語ルシス(夜馬裕さんが出演されたのは#24)


住倉カオスの怪談★語ルシス (24)

AmazonPrimeVideoで見る

U-NEXTでも「住倉カオスの怪談★語ルシス」は視聴可能ですが、現在は11話までであり、夜馬裕さんが出演された回までは視聴できません

怪談のシーハナ聞かせてよ。第弐章(夜馬裕さんが出演されたのは第弐章の#2、#17、#35)

AmazonPrimeVideoで見る(エンタメ~テレ)
U-NEXTで見る
スカパー!で見る

5.夜馬裕さんのDVD

●怪談最恐戦2019年



●怪奇蒐集者 夜馬裕

怪奇蒐集者 夜馬裕 [DVD]

収録されている怪談
1落とされ坂
2サヨナラ霊能力
3故郷の黒い影
4指食い天女

●住倉カオスの怪談★語ルシス


住倉カオスの怪談★語ルシス (24)

●怪談のシーハナ聞かせてよ。


怪談のシーハナ聞かせてよ。は現在第1シーズンの第1話~第17話まで収録されているDVDが発売されていますが、夜馬裕さんが出ている回はまだ発売されていません。
怪談のシーハナ聞かせてよ。のDVD化は結構好評なので、今後夜馬裕さんが出演された第弐章まで発売されていくかもしれません!

6.夜馬裕さんの本

今まで佳作を含め3つも賞を獲得してきた夜馬裕さんの著書(共著)は「高崎怪談会 東国百鬼譚 (竹書房怪談文庫)」です。

こちらにhako的に怖いと思った「ほうたいさん」も収録されており、夜馬裕さん以外の作家さんは下記の通りです。

高崎怪談会 東国百鬼譚
春南 灯
夜馬裕
マリブル
籠 三蔵
北城椿貴
しのはた史絵

また、2020年秋頃に初の単著「厭談 祟ノ怪 (仮) (竹書房怪談文庫 (HO-456))」が発売されるご予定と、2020年6月27日に「現代怪談 地獄めぐり 業火 (3) (竹書房怪談文庫)」に夜馬裕さんも共著として収録されるとのことです♪

7.夜馬裕さんのSNS情報

現在の所、夜馬裕さんがしているSNSはTwitter・ゴールデン街ホラーズのFACEBOOK、またゴールデン街ホラーズのSHOPサイトなどがあります。

Twitter
FACEBOOKゴールデン街 ホラーズ
ゴールデン街ホラーズSHOPGGHorrors

8.最新情報!夜馬裕さんの単著が発売される予定!

2020年6月7日に開催された「竹書房怪談文庫presents スペシャル配信怪談LIVE 電網の怪宴」にて、初の単著が発売されることが発表されました!

9.まとめ

夜馬裕さんは霊能力者さんが話す怪談や、心霊スポットに行った人の話は余りしないと言います。
心霊スポットについては、「腐った卵を食べてお腹を壊した」といったようにそんな体験して当然だろ!という思いと(笑)、霊能力者の方の話はただ単に解決した話だけであって、「理不尽さ、何でこんな目に遭うのかが怖い」という夜馬裕さんが思う怪談の定義とは少し異なるとのこと。
今まで多くの怪談師の方々の話、もちろん霊能力を持った方の話を聞いてきましたが、夜馬裕さんの「厭な話」が聞けるのは、自分の中にちゃんとした怪談の定義があってからこそだと感じ、またとても共感いたしました。
厭な話をこよなく愛する夜馬裕さん。他の人の怪談を聞いている時も嬉しそうに聞く姿が可愛らしくもあり、本当に怪談というものが好きなんだなぁと感じ、尊敬の念さえも湧いてきます。
元記者という仕事柄、言葉に対して一般の人より知識が豊富なためか表現力においても本当に素晴らしくて、情景や不条理さがちゃんと明確にされている点においても読んでいて・聞いていて「?」とならない夜馬裕さんの怪談。

最近は怪談最恐戦やOKOWAだけではなく、夜馬裕さん単独での怪談イベントの参加などとても活躍なさっています。
新型コロナウイルスに伴い予定されていたイベントが中止になったりとしていますが、今後も夜馬裕さんの多方面でのご活躍を心より期待+楽しみにしています。

タイトルとURLをコピーしました