OKOWA引退した三木大雲の一番怖い怪談、勤めているお寺や大黒様の話

和尚と言えばこの人、怪談和尚こと三木大雲さん。
仏教を広めたいという気持ちから、怪談を「説法」の一つとしている三木さんが勤めているお寺やイベント情報、本や一番怖い話をご紹介!

1.OKOWA引退した三木大雲の一番怖い怪談、勤めているお寺や大黒様の話

 

この投稿をInstagramで見る

 

昨日はDVD撮影だったのですが、ご一緒させて頂きました城谷さんとの写真に緑色の暖かな光が!?

三木大雲(@mikidaiun)がシェアした投稿 –

 

1-1.三木大雲さんのプロフィール

こちらの記事でもご紹介しましたが、「怪談を語ってくれる和尚」さんである三木さん。
もう三木さんの存在を知った時はですね、怪談好きで良かったー!と思うほどでした(笑)

三木さんは、京都にある日蓮宗の「光照山 蓮久寺」の住職を勤めておられます。
元々お父さんも住職だったのですが、次男ということで継ぐお寺が見つかりませんでした。
しかし、人一倍「仏教を広めたい」という熱い志があったため、夜の公園に集まる若者へ声をかけましたが、最初はまともに取り合ってくれません。
仏教を広めるといっても、日本で宗教というと「怪しい」という概念がまだまだありますからね。
そこで三木さんは「怪談聞かない?」と若者たちに声をかけて、怪談から始まる仏教の教え=怪談説法を始めることになったと言います。

今やテレビやラジオ、また本やオーディオブックなどタレントさんなの?というほどメディアに出ていますが、それも仏教の教えを広めるため。
テレビやラジオなどは「尺」という時間の制限があるため、怪談の怖い部分ばかりしか放送されなかったりすると歯痒い思いをされているそうですが、本来は怪談+説法という形できちんと人間としての役割や仏教の考え方を説きたいというのが三木さんの思いです。

1-2.因みに、正式な名前は…

因みに三木さんの宗派「日蓮宗」では、「和尚」ではなく「上人(しょうにん)」と呼ぶらしいです。豆知識として覚えておいておきましょう。

1-3.獲得したタイトル

 

三木さんが「怪談和尚」として広く知り渡れたきっかけとなったのは、「怪談グランプリ」「OKOWA」「怪談王」などに出演したからでしょう。
メディアに出演されていた当初は、批判を多く受けることもあったらしいのですが、三木さんは「仏教を広めるため」という目的のために、そのような苦難にも耐え抜いたお方です。

・「怪談グランプリ2010」準優勝
・「怪談グランプリ2013」準優勝
・「怪談グランプリ2014」優勝
・恐い話No.1決定戦「OKOWAチャンピオンシップ」初代優勝
・最恐怪談師決定戦「怪談王」2018優勝

2.話し方や声のトーンは?

お坊さんというと、濁声とかモゴモゴした感じを想像される方もいるかもしれません。
私自身、小さい頃お葬式で聞いたお坊さんのお経が聞き取りにくくて、本当にお経なんて唱えているのかと疑ったほどでした。
三木さんはというと、普通にお話しをされている時は意外と重みのある声で、少しハスキー。
京都生まれなので、生粋の京都弁です。方言マニアには嬉しいですね。

3.三木大雲さんの怪談で有名な「アフリカケンネル」の話

そもそも私が怪談が好きな理由を考えてみると、目に見えない何かがあると信じたいからでした。
輪廻転生ってありますよね。生まれ変わりや、前世という概念。
科学が進んでいるこの時代だからこそ、私はそういうものがあると信じたい。
じゃないと人生自体、何の目的で生まれてきたんだろう?とか死んだらどうなるんだろうとか?
これだけ多くの人が幽霊を見ているのに、それは嘘ってこと?って考えるとつまらないじゃないですか。
日ごろからそんな風に怪談を捉えていた私にとって、三木さんの怪談に対する考え方がぴったりだからこそ、私は三木さんの怪談が好きなのかもしれません。

三木さんは幼い頃から心霊/恐怖体験があり、一番古い記憶は夜「足が欲しい」という声がして足を引っ張られたり、庭にライオンほどの大きさの化け猫のようなものが居たりという恐怖体験をしています。やはり、お寺という場所だけあってそういう体験を幼い頃からしているんですね。
その中でも、神様っていう存在は本当に居るんだと思う話があります。

3-1.OKOWAで披露した「埼玉愛犬家殺人事件」の話とは?

これは怪談好きの方からしたら、有名な話なので「もう知ってるよ!」って方はすみません。

三木さんがまだ埼玉県にキャンパスを構える立正大学に通っていた頃の話。
お坊さんの修行に疲れ、癒しを求めて友達と大学から近いある「アフリカケンネル」というペットショップを訪れる。

犬と戯れながら写真を撮っていると、「勝手に写真を撮るな!」と怒鳴りながら男が出てきた。
男は「人を撮っていないか」と聞かれ、三木さんはカメラを渡そうとすると、
「人を撮っていなかったらいい」と言われた。
三木さんはせめてもの謝罪にと「すんませんでした」というと、「関西出身か?」と聞かれる。
男は三木さんの謝罪のイントネーションに興味を持ち、三木さんが「京都出身です」というと、自分も京都出身だといい、態度を一変させペットショップ横にあるログハウスに三木さんを迎え入れ身の上話をし始めた。

男は京都でパチンコ屋を経営しているらしく、これから友達になろうといった。
そして、犬を週2で15分散歩し、自分と話をしたら月15万やるという。
お金のない学生だったため三木さんは二つ返事で受け入れようと思ったが、友達はやめておいた方がいいという。
友達は男の妻が入れ墨をしていたことや、働いている人達が何だか危ないといった。
そのため、寮の先生に許可をとってから決めようとなり、それを男に言うと、男はそうしてくれと言いながら缶コーヒーを並べていく。
出されたコーヒーは全て同じ銘柄、冷たいのや温かいのがあるのかと思い触るが常温だった。
三木さんは話をしながら適当にその中の一つを選び、コーヒーを飲み帰った。

寮に帰り、先生にバイトをしていいかと聞くと、「仏教に仕える者が欲に眩むな!」と反省文を書かせられた。
翌日、バイトの断りを入れに男を訪れると、「そうか、残念やな。でも仕事じゃなくていいから来いよ」とまた缶コーヒーを並べながら、人を騙す話し方を教え始めた。
三木さんは仏の道を歩んでいるので、そういうのはちょっとと言いながら、また適当に缶コーヒーを選び、飲んで帰った。

人の騙し方を教わった後は修行が忙しく、アフリカケンネルからは足は遠のいた。
ある日、三木さんは男に伝えることがあったため、3度目のペットショップを訪れた。
内容としては、修行のため埼玉を離れるからしばらく来れないということ。
男は残念だと言いながら、色々と話をする中、またコーヒーを並べる男。
そして、「本当に神や仏はいるのか?」と問われ、三木さんは自分は信じているからこそ、学んでいるといった。
コーヒーを一本飲み終え、男にもう一本飲むように促したが、三木さんは一本で十分だとそれはお断りをし、アフリカケンネルを後にしたのだが……

このお話は「OKOWA決勝戦」でも語られているので、ぜひ聞いてみてくださいね!


おちゅーんOtuneより引用

3-2.映画「冷たい熱帯魚」の元ネタ「埼玉愛犬家殺人事件」の犯人や事件の内容は?

1993年埼玉県熊谷市でペットショップ(アフリカケンネル)を経営していた関根元と妻である風間博子は、シベリアンハスキーのブームの仕掛け人と言われるほど、業界では有名。

しかし、詐欺的な商法(「子犬が産まれたら高値で買う」と言い、犬のつがいを高い価格で販売し、子犬が生まれると難癖を付けて値切るというもの)で顧客との金銭トラブルになった男女4人に、犬を殺処分する際に使う猛毒を飲み物に混ぜ、殺害、遺体遺棄をした事件。

なぜこの事件がこんなに有名になったのかというと、「ボディーを透明にする」という犯人の残酷さで、「遺体なき殺人事件」と言われるほど、証拠品がなかったこと。
hako自身この事件を調べるだけで嫌な気分になるほど異常さを感じたので、詳細は控えさせていただきますが、もし知りたい方はWikipediaなどでも記事があるので、自己責任の上でご覧くださいね。

4.三木大雲さんのご利益のある大黒様と宝くじの話

嫌な事件の話をしてしまったので、ここからは心が晴れ晴れとし、その上ご利益もあると言われた三木さんにまつわる話をしましょう!
それは、三木さんが現在住職として勤めておられる「蓮久寺」にも関わってきます。

4-1.「日蓮宗 光照山 蓮久寺」は芸事にご利益のある寺

三木さんが現在勤めておられるお寺「蓮久寺」は、吉田太夫という遊女でも最高位の称号を与えられた女性。
吉田太夫と言えば、2代目以外はよほどのことがない限りないと言われるほど、美しく、芸事や頭も良かったと言われています。
その2代目が島原の蓮久寺と鷹峯の常照寺に門を赤門を寄付し、当時の門に揚げられていた棟板が現存し、蓮久寺本堂に奉られているのだとか。なんだか、それだけでご利益がありそう。

4-2.ある日、夢で大きな袋と金槌を持ったおじさんの夢を見る三木和尚

次男だったため、住職であった父親の後は継げなかった三木さんは、暫く放浪します。
やっと「蓮久寺」の住職として勤めることが決まり、家族で蓮久寺に引っ越した頃、三木さんは「芸事で何とかお寺をやっていこう」と願を掛けていたそうです。

すると、テレビ・ラジオなどメディアでの仕事が来るようになり、芸事で収入を得られるようになった。
三木さんはそのお金で古くなっているお寺の仏像を全部直したそうです。

その次の日、本堂に一人の男が座っている夢を見た。
男は大きな袋を肩に背負い、手に金槌を持っている。
夢が醒めた時は「大黒様だ」と分かったが、夢を見ている時は大黒様だと気づけず、手に金槌も持っているため、恐怖さえ覚えた。
三木さんは恐る恐る「…失礼ですけど、何してはるんですか?」と尋ねると、「もう俺出ていくわ」と関西弁で言い、その場で立ち上がった。
すると大黒様が肩に背負っていた袋から、金色の何かが落ちた。
「落とし張りましたよ」と言うと、大黒様が「それぐらいあげるわ」と言いそのまま本堂から出ていった。

目が覚めた時、三木さんは驚きます。
なんと布団の上に正座した状態で、目を醒ましたのです。
三木さんはこれは普通の夢じゃないと思い、家族を集め「大黒様を探せ!」と言い、本堂の隅々を探した。
すると本堂の隙間に、大黒様の仏像があった。
とてもボロボロになっていたため、知り合いの仏壇屋さんに風化させないよう預けた。

数日後、仏壇屋さんが「やっぱりこれうちじゃ預かれません」という。
理由を聞くと、大黒様を預かってから仏壇がセールしている訳でもないのに、飛ぶように売れる。
こんなに売れるのは怖いということで、仏壇屋さんは三木さんに寄付金と共に大黒様を返した。
この時三木さんは、大黒様がまるで「自分のことは自分で治すわ」と言っているかのように感じたといいます。

次に三木さんはその大黒様を若い仏師(仏像をつくる匠工)に大黒様を預けた。
1週間経過した頃、その仏師さんが三木さんの元を訪れる。
大黒様が修復されたのかと思ったが、大黒様はボロボロのままだ。
何があったのかと聞くと、こんな若い仏師の自分に仕事がどんどん舞い込んでくるという。
この大黒様は普通ではないので、お金が集まるまでお寺でお預かりしてくださいと言い、また寄付金と共に大黒様を返された。

この大黒様のご利益の即効性が確証されたのが、次のお話。
ある日、生活に困窮されている方が、大黒様を治す寄付をしていることを聞いたといい、お金がないけども豚の貯金箱を割り、「これを使ってください」と言う。
お金を数えると約10万ほどはある。お金がないと言っているのに、貰うわけにはいかないと三木さんは言うが、「いつできるかわからんから。これは置いておきます」と言って去ってしまった。
三木さんは大黒様に「気持ちだけいただいて、お金は後で返してください」と語り掛けるように話したという。

その人はお寺の帰り道で、残り1万2千円の内の1万を使いスクラッチをした。
すると、なんとなんと高額当選!!ものの15分ほどで相当なお金を手に入れることができた、という電話が蓮久寺に届き、今からこのスケッチを持っていくという。
三木さんはそれは大黒様がお礼として貴方に与えたものですよ。と言ったそう。

しかし、その方はスクラッチで当たったお金を元に、人生で一度もやったことのない競馬券を買い、何千万という万馬券を獲得した。

実はその男性は、寄付をしたら自殺しようと思っていた。それで、最後に一つでも良いことがしたいと思い寄付をしたんだとか。
今は競馬で当たったお金でマンションを買い、賃貸収入だけで生きていけるようになったという。

あらゆる人の寄付で、蓮久寺の大国様は綺麗に修復をされています。
そんな「大黒様」が口コミで広まり、「大黒様の御分体を作ってほしい」という声にこたえ、蓮久寺は御分体を作ることに。

現在は完売中+入荷未定となっておりますが、希望の方はお問い合わせくださいとのことです。
もし、気になる方がいらっしゃったら、「蓮久寺」のサイトをご確認くださいね。

5.イベント情報やメディア情報、DVD・本など

三木住職の最新の情報は、下記TwitterやFACEBOOKでチェックしてくださいね。
※基本FACEBOOKの方が三木さん自身が発信しているので、情報が速いと思います

5-1.SNS

Facebook

Twitter

instagram

5-2.メディア情報

怪談説法を直接聞きに行くことはできないって方でも、本やDVDもありますので安心してください。
また、AudioBookでの怪談説法や、「住倉カオスの怪談★語ルシス(Amazon prime Video)」「実話怪談倶楽部(フジテレビONE)」にも出演されています。

【テレビ】
●稲川淳二の怪談グランプリ

 

この投稿をInstagramで見る

 

怪談グランプリ2017

三木大雲(@mikidaiun)がシェアした投稿 –

出演したのは下記年度数です。
・2010年
・2013年
・2014年
・2015年(審査員として出演)
・2017年
怪談グランプリは「Amazonプライムビデオ」「FOD」で視聴できます。

怪談グランプリをAmazonPrimeVideoで見る!

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

【ネット/スカパー等】

●住倉カオスの怪談★語ルシス

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日は、Amazonプライム 語るシスの撮影でした。また放送日は告知させて頂きます。 #怪談#語るシス#Amazonプライム

三木大雲(@mikidaiun)がシェアした投稿 –

住倉カオスの怪談★カタルシスをAmazonPrimeVideoで見る!

住倉カオスの怪談★語ルシスをU-NEXTで見る!

●実話怪談倶楽部(フジテレビONETWONEXT

 

この投稿をInstagramで見る

 

本日は、兵藤さんの番組収録でした。 #矢野・兵動#実話怪談倶楽部

三木大雲(@mikidaiun)がシェアした投稿 –

「実話怪談倶楽部(フジテレビONE)」は、「フジテレビONE」「スカパー」「JCOM」などでご覧いただけますが、一番お得なのは個人的に「フジテレビONE」です。
しかし、テレビと同じ様に決められた時間内でないと見れないことを考えると、「ONE」だけでなく「NEXT」も登録した方が良いのかなと思いますが、やはりこれもテレビと同じでAmazonプライムビデオやU-NEXTと言った様に自分の好きな時間に視聴することができないので、そこはご了承の上ご利用いただければと思います。

●YOUTUBE「Namu Hokke」

なんとこんなありがたいYOUTUBE番組が!
チャンネル概要欄から引用させていただくと、こんな感じのチャンネルです👇


法華経って?仏教って?お寺って?お坊さんって?身近なようでまだまだぜんぜん遠い仏教や法華経の世界をもっと知ってほしい!生身の僧侶たちによる開かれた放送局がスタート! 『いつでも!どこでも!何度でも!』世界に法華経を届ける動画制作編成配信局です!
YOUTUBE「Namu Hokke概要欄より引用

仏教について、法華経について三木さんを始めとした僧侶さん達が分かりやすく説いてくださっています。
少しでも興味のある方や、三木さんってどんな声や喋り方?と気になる方はまずこちらをご覧いただけると良いかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました