Apsu shuseiの弟・誕生日、アプスーシュウセイさんのプロフィール

繊細でどこか異文化を感じさせる文様作家であり、怪談蒐集家のApsu Shusei(アプスーシュウセイ)さん。
聞きなれない文様作家の全貌や、波乱万丈な生い立ち、怪談の種類やメディア情報などご紹介。

1.Apsu shuseiの弟・誕生日、アプスーシュウセイさんのプロフィール

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

1-1.Apsu Shuseiさんの誕生日や生い立ちは?

まるで、サルバドール・ダリのようなおしゃれな髭が特徴のApsu Shusei(アプスーシュウセイ)さん。
怪談師としての活動は2013年頃から始められていますが、Apsuさんを知ったのは最近で、初めてApsuさんを見たのは「OKOWA」だった気がします。
最近ではもっぱら有名な怪談師となり、すっかりおちゅーんメンバーとなりましたが、怪談×音楽×アートというおしゃれなイベントも企画するなど、怪談をアートとして・伝統として扱う心にとても惹かれます。

生年月日:1986年3月9日
出身地:大阪・高槻市生まれ
家族:父、母、Apsuさんですが、父親は幼い時にスペインへ行方を晦ます。腹違いの弟が居る
結婚するものの円満離婚。子供は2020年において5歳。

残念ながら誕生日は非公開…歳は2020年では34歳と思われます。
↑こちら先日、Twitterで誕生日について呟かれていたので、Apsuさんの誕生日は3月9日だと存じます!

Apsuさんの生い立ちについては、村田らむさんが東洋経済オンラインで記事にされており、私の文章よりらむさんの方が格段に良い記事なのでそちらをご覧いただければ幸いです。

東洋経済オンライン  33歳、極めて独創的な「文様」で稼ぐ男の生き方

1-2.波乱万丈の人生。生き別れた父親と再会?そして、弟とは?

 

ちなみに、生き別れた父親とは再会することができ、その際に腹違いの弟がいることを知ったんだとか。
そんな弟は東京でモデルをしているそうで、ApsuさんのTwitterでもちょこちょこ出てきます。

2.聞きなれない職業「文様作家」とは?

文様作家と聞いて、まず思うのはどんな職業?どんな作家?と思います。
文字にしてみると、アート関係の職業なのかなと想像すると思いますが、hakoもApsuさんを知るまではそんな職業があるのを知りませんでした。
百聞は一見に如かずということで、まずはどんな作品を描いているのかをインスタ・Twitterから引用させていただきましたので、ご覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

めっちゃかっこよくないですか!?
Apsuさんの公式サイトを見ると、「文様作家」とは「手書きの幾何学的で繊細な“線”を用いた画風を特徴とし、靴やトートバック、紙や壁、木や鉄、ミニ四駆、あらゆる場所をキャンバスとして創作に取り組むこと」らしいです。

Apsuさんの作品を初めて見た時に、日本にもこんな格好いいアーティストが居るんだと感動しましたし、怪談好きで良かったわーと思いました。
怪談好きって世の中結構変な顔されたりするんですけど、やはりこういう出会いがあるのでやめられないんですよね。

もっと詳しい情報を知りたい、作品を見たいって方はYOUTUBEや下記公式サイト・Twitter・インスタよりご覧くださいね。

【公式サイトなど】
公式サイト
Twitter
Instagram
YOUTUBE(主に作品紹介のみ)

3.話し方や、声は聞きやすい?

見た目だけで怪談を感じさせるミステリアス紳士Apsuさん。
そんなApsuさんの声は他の怪談師さんと比べると、囁くような声ですがこれがまたいい緊張感を生んで、より怪談に集中してしまいます。
話し方は関西の人というような感じより、少しおしとやかな感じを受けます。

4.怪談の内容は?一番怖い話は?

Apsuさんは、日頃から怪談会を主催しているため、話の数は豊富です。
怪談の内容としては、おちゅーんでやった「人怖バトルロワイアル」にも参戦するほど、人怖寄りな感じがします。

そんななかhakoが今まで聞いてきた中で一番怖かったお話を少しだけご紹介します。

上記にもご紹介した通り、Apsuさんは16歳頃に四国遍路の旅に出られます。
お遍路を続ける中、あらゆる人と交流をしていたApsuさんは一人の年上の男性と仲良くなります。
暫く同じ道を二人で歩き、今までどんな人生を歩んできたのか、なぜお遍路を始めたのかという話をしていた。
お互い若い年代でお遍路を始めたというのは、何かしら抱えるものがある。
Apsuさんは特に暗い話はせず、お遍路をしたかったと話す。
それに対し、男性は両親と仲が良くなく、今もずっと会っていないと話した。
しかし、そんな一人の自分にも飼っていた犬、猫、ハムスター、ネズミとは仲良く暮らしていたという。
Apsuさんはそこで疑問に思う。お遍路さんをしている間、そのペットたちはどうしているのだろうと。
その疑問を彼に問うと、彼が言ったのは驚愕の事実だった………

続きは、おちゅーんLIVE! Vol.242「OKOWA新競技!人怖バトルロイヤル」からご覧ください!

 

5.メディア情報

Apsuさんの活動は本当に多岐に渡るので、ここでは怪談関連のメディア情報をご紹介します。

【DVD】
●怪奇蒐集者シリーズ


怪奇蒐集者 Apsu Shusei [DVD]

●住倉カオスの怪談★語ルシス


住倉カオスの怪談★語ルシス(9)

住倉カオスの怪談★語ルシス(10)

住倉カオスの怪談★語ルシス(16)

※Apsuさんが出演されているのは、9回・10回・16回です。

【ネット】

●スピードワゴンの月曜The NIGHT
#176:幽霊ではない、人が怖いヒトコワ話

AbemaTVの公式サイトはこちらから

 ●おちゅーんOKOWA


6.まとめ

Apsuさんの声って穏やかで、なんか海のさざ波を彷彿とさせます。
文様もとても繊細で、でもダイナミックで格好良く美しい……
語り方も落ち着いていて、それがどんどん話に引き込ませられ、怪談が終わった後は「…はぁ…何この嫌な感じ…」といつも思います(笑)
アーティスト、ミュージシャン、怪談師と多岐にわたる活動をされているApsuさんは、2019年10月9日には「怪談新世紀」にも参加し、怪談を「アート」の域まで高めようとしています。
今後も「怪談」がただのエンタメじゃなく、文化的で芸術的なものとして後世に伝わるために、今後もApsuさんの活動に期待大ですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました