元P-shirts:ApsuShuseiさんのプロフィール・怪談・弟・誕生日など

怪談師

繊細でどこか異文化を感じさせる文様作家であり、怪談蒐集家のApsu Shusei(アプスーシュウセイ)さん。
聞きなれない文様作家とは?Apsuさんの波乱万丈な生い立ち、怪談の種類や、Apsuさんが出演したテレビ番組・ネット配信などをご紹介。

1.元P-shirts:ApsuShuseiさんのプロフィール・怪談・弟・誕生日など

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

まるで、サルバドール・ダリのようなおしゃれな髭が特徴のApsu Shusei(アプスーシュウセイ)さん。
怪談師としての活動は2013年頃から始められていますが、Apsuさんを知ったのは最近で、初めてApsuさんを見たのは「OKOWA」だった気がします。
最近ではもっぱら有名な怪談師となり、すっかりおちゅーんメンバーとなりましたが、元々はアーティストとして活動をしており、その経験を活かし今も「怪談×音楽×アート」というおしゃれなイベントも企画するなど、怪談をアートとして・伝統として扱う心にとても惹かれます。

本名寺本 秀成
生年月日1985年3月8日
干支丑年
星座魚座
出身地大阪・高槻市生まれ
家族父、母、Apsuさんですが、父親は幼い時にスペインへ行方を晦ます。腹違いの弟が居る。

 

1-1.Apsu Shuseiさんのプロフィール、元アーティスト?本名、誕生日や生い立ちは?

【Apsu】という名前の由来は、元々ゲームの「女神転生 デビルサマナーソウルハッカーズ」というボスの手前で現れる「アプスー」というボスの名前が由来らしいです。(続々・OKOWAチャリティ マスク&Tシャツ をApsuとタニシが描けるまでカンヅメ!/おちゅーんLIVE GO! より)
また、「アプスー
」という神様が「ティアマト」と交わり、色々な神様を作った挙句、最後は自分を生み出した神に殺されるという神様というエピソードがあるらしく、文様も色々な企業・作家さんとコラボして色々な物を生み出すという面においても「Apsu」というのは気に入ってるとおっしゃっていました。

神としてのアプスーは、バビロニア神話の創世記叙事詩に登場するので気になった方はwikiなどで調べてみてください。
また、シュメール神話・アッカド神話においてもアプスーという神は存在していたと伝えられているんですが、個人的にApsuさんの文様や趣向・好きな食べ物など踏まえると、何だか前世との繋がりもあるのではないかと感じました。

気に入っていたApsuのいう名称ですが、検索するとオーストラリアの大学とかヒットするらしく、そのため「Shusei」を入れたのはここ2~3年の内なんだとか。

因みに、Apsuさんが言っていた「女神転生 デビルサマナーソウルハッカーズ」のアプスーの動画がありますので、良かったらご覧ください。

年齢はAmazonPrimeVideoの「密室怪談(2)」の紹介文の中できちんと1986年3月9日生まれと記載されていることを確認いたしましたが、こちら先日Twitterで誕生日について呟かれておりましたし、後日、「続々・OKOWAチャリティ マスク&Tシャツ をApsuとタニシが描けるまでカンヅメ!/おちゅーんLIVE GO!」の配信の中で1985年生まれだということをApsuさんご本人が免許書で確認していたので、正しくは【1985年3月8日生まれ】で2020年では35歳です

因みに呟いているのは、3月9日ですがツイートを見ると「昨日が誕生日」と書かれていたので、3月8日です。Apsuさんの生い立ちについては、村田らむさんが東洋経済オンラインで記事にされており、私の文章よりらむさんの方が格段に良い記事なのでそちらをご覧いただければ幸いです。

東洋経済オンライン  33歳、極めて独創的な「文様」で稼ぐ男の生き方

1-2.ApsuShuseiさんは結婚してるの?妻、子供などの情報

Apsuさんってとにかく謎が多い人物だったのですが、Instagramの投稿が半端なく多いんですよね。
一番古くて「2012年8月16日」なので、Instagramを見ればだいたい情報が分かりますね(笑)
Apsuさんは2012年10月8日(月)に通称「れいちゃん」という女性と結婚し、2014年5月2日に「宗成(そうせい)」くんというお子さんを授かりましたが、その後円満離婚したそうです。

Apsuさんを昔から知っている人は知っているアイコンですが、お子さんを抱いているこの写真はApsuさんが父性と男らしさが出ていて、素敵で好きでした✨

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

スーツもお似合いなんですが、結婚式のお写真もあり(和装)それもめっちゃ格好良いですが、奥さんのお顔が見えちゃっていたので…
Instagramでも奥さんやお子さんの写真が投稿されているので、ここではお顔があまり映らない写真だけ投稿しました。もし、詳細が知りたいApsuファンはApsuさんのInstagramをチェックしてみてくださいね

1-3.ApsuShuseiの弟さんとは?

こちらでご紹介した村田らむさんのApsuさんの紹介記事から、Apsuさんには生き別れたお父さまが居たらしいのですが、無事再会することができ、その際に腹違いの弟がいることを知ったんだそうです。
そんなApsuさんの弟さんは東京でモデルをしているそうで、ApsuさんのTwitterでもちょこちょこ出ていて、Apsuさん同様とても格好いいです(´▽`)
因みに、ApsuShuseiさんの弟の名前は「seii(セイ)」(本名かどうかは不明です)

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

1-4.ApsuShuseiさんは元アーティスト?P-shirtsとは?

元々ApsuShuseiさんは「P-shirts」というバンドが大好きだったんですが、知らない間に自分もメンバーになっていたという夢のようなシチュエーションでメンバー入りを果たしました。(とても羨ましいシチュエーションですよね)

TOWERRECORDの「P-Shirts」の説明を見るととても良い表現だったので、ぜひタワレコのサイトをご覧下さい!
TOWERRECORD ONLINE:「P-Shirts」紹介文はこちら 

「P-shirts」は「 YOUTUBE 」「YOUTUBEMUSICでも聞けますし、AmazonPrimeMusicや「AmazonPrimeMusicUnlimited」に入会している方は無料で聴くこともできます。
また、CDもAmazonTOWERRECORDでも購入可能です。


Heartland

とても聞いていてリラックスできるというか、歌はちゃんと歌っているのですが、不思議なことにすんなり心に入ってくれ、作業にも集中させてくれる効果を感じました。
それ以来記事を書いている時は、結構「P-shirts」さんの音源を聞いています。

1-5.ApsuShuseiさんが好きなアニメは?

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

ApsuさんのインスタやTwitterでも良くアニメ・漫画・フィギュアの写真を見かけます(^^♪
私も好きな「化物語」シリーズ、「魔法少女まどか☆マギカ」「さカードキャプターさくら」などがあって勝手に親近感が湧いています。
また、初のおちゅーん登場回:「怪談師のマジバトル!【闘え!オカルトドッジボール部】おちゅーんLive Vol.113」では「おジャ魔女どれみ」のお弁当箱を持って来ていたことで、タニシさんには「ロリコンなんですか?」と聞かれましたが、Apsuさんは可愛い女の子が好きなだけだと思います(笑)

1-6.ApsuShuseiさんは動物好き?Instagramによく出てくるペットたち

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

犬:ロウシ
猫:ポタラ

元々Apsuさんがロウシというワンちゃんを買っており、奥さんと結婚したぐらいからにゃんこのポタラちゃんが参加したと思われます(あくまで推測です)
しかし、Apsuさんの愛犬であるロウシは2カ月前(2020年3月頃)にご逝去されたそうです…
動物が大好きなApsuさんのインスタを見ると、いつもロウシが居ました。
どうか安らかにそしてまた生まれ変わってApsuさんの元へ来ますようにご冥福をお祈りいたします。

2.聞きなれない職業「文様作家」とは?

文様作家と聞いて、まず思うのはどんな職業?どんな作家?と思います。
文字にしてみると、アート関係の職業なのかなと想像すると思いますが、hakoもApsuさんを知るまではそんな職業があるのを知りませんでした。
百聞は一見に如かずということで、まずはどんな作品を描いているのかをインスタ・Twitterから引用させていただきましたので、ご覧ください。

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

凄くないですか!?素敵じゃないですか!?
Apsuさんの公式サイトを見ると、「文様作家」とは【手書きの幾何学的で繊細な“線”を用いた画風を特徴とし、靴やトートバック、紙や壁、木や鉄、ミニ四駆、あらゆる場所をキャンバスとして創作に取り組むこと】らしいですが…

もっと一般的にいうと「テキストスタイリング」という部類に入るみたいです。


テキスタイルデザイナーとは、服飾またはインテリア(乗物の内装を含む)用途のテキスタイル=ファブリック(布地・織物)をデザインするデザイナーのこと。染織全般においての専門家とされ、染織家とも呼ばれる。糸選び、配色、図柄、加工方法、質感等、加工前の素材布において「織り」と「染め」の幅広い範囲に及ぶ意匠を行う。
Wikipediaテキスタイルデザイナー)より引用

しかし、文様作家として名乗っている人、文様だけに特化している人は少ないのではないか?と思いApsuさんに「続・OKOWAチャリティ マスク&Tシャツ をApsuとタニシが描けるまでカンヅメ!/おちゅーんLIVE GO!」の中で質問をした所、下記のような回答をいただけました。


【文様(紋様)のみで作品を書いている作家さんは多分少ないかと思います。
全然いると思いますし、文様(紋様)好きな方とか、文様(紋様)メインに書いている方とか…本人が「文様作家」と名乗ってないだけで、本当は「文様作家」だったりすると思う。】
続・OKOWAチャリティ マスク&Tシャツ をApsuとタニシが描けるまでカンヅメ!/おちゅーんLIVE GO!より引用

良く皆さんが着る服や、雑貨(ポーチ・文房具)なども、テキスタイリングされている物が多いんだそう…
確かに、タニシさんが良く着る柄物の服もテキスタイルされている服に該当しますよね。

Apsuさんの作品を初めて見た時に、日本にもこんな格好いいアーティストが居るんだと感動しましたし、怪談好きで良かったわーと思いました。
怪談好きって世の中結構変な顔されたりするんですけど、やはりこういう出会いがあるのでやめられないんですよね。

もっと詳しい情報を知りたい、作品を見たいって方はApsusさんのYOUTUBEチャンネルや下記公式サイト・Twitter・インスタよりご覧くださいね。

Apsuさんの公式サイト公式サイト
SNSTwitter
Instagram
YOUTUBE「Apsu」
主に作品紹介、ディレクターとして手掛けた物の動画など

2-1.ApsuShuseiさんがカンヅメでおすすめしてくれた文様/紋様の本

続・OKOWAチャリティ マスク&Tシャツ をApsuとタニシが描けるまでカンヅメ!/おちゅーんLIVE GO!」の中のコメント欄で文様の本について「​入門向けの本はありますか?」の問いに対し、ApsuShuseiさんが「日本ならこれが面白かった」と答えてくれたのは、「日本文様図鑑」(編集:岡登 貞治、出版:北天堂書店)でした。


日本文様図鑑

ApsuShuseiさんとしては、色々な文様・紋様を見て、自分がどの文様が好みなのか、そこからもっと奥深く専門知識を学んでいくと面白いとおっしゃっていましたね。
hakoもAmazonですぐ「文様」の本について検索してみたら、hakoが好きなハリポタのグリフィンドール寮の部屋のタスペトリーも該当していてちょっと驚きと嬉しさを感じました(*^^*)文様・紋様って言い方が違うだけで、デザインの1つ…しかも、Apsuさんは全て手書きなんですから…凄いですよね…✨

3.ApsuShuseiさんの話し方や、声は聞きやすい?

見た目だけで怪談を感じさせてくれるミステリアスで紳士的なApsuさん。
そんなApsuさんの声は他の怪談師さんと比べると、囁くような声ですがこれがまたいい緊張感を生んで、より怪談に集中してしまいます。
話し方は関西の人というような感じより、少しおしとやかな感じを受け、Apsuさんの怪談の語りは誰にも真似できない心に残る話し方をされるかと感じました。

4.ApsuShuseiさんの怪談の内容は?一番怖い話は?

Apsuさんは、日頃から怪談会を主催しているため、話の数は豊富です。
怪談の内容としては、おちゅーんでやった「人怖バトルロワイアル」にも参戦するほど、人怖寄りな感じがします…でも一杯怪談をお持ちなので断言はできません。
そんななかhakoが今まで聞いてきた中で一番怖かったお話をご紹介します。

こちらの村田らむさんの記事でご紹介されていた通り、Apsuさんは16歳頃に四国遍路の旅に出られます。
その時のお話がhako的に一番怖い話だなと思ったので、ぜひおちゅーんで開催された「人怖バトルロイヤル」をご覧ください!


おちゅーんLIVE! Vol.242「OKOWA新競技!人怖バトルロイヤル」より引用

5.ApsuShuseiさんが影響を受けたアーティストとは?

元々「P-Shirts(こちらの方で紹介してます)」というバンドに所属していたApsuShuseiさん。
こちらの村田らむさんのApsuShuseiさんの紹介記事を読んでいただければ分かりますが、幼い頃からApsuさんはピアノを習っていたり、P-Shirtsというバンドのメンバーだったりと、アーティストとして活動していました。

15歳からお遍路の道を歩き→屋久島で修行生活を送っていたなか、Apsuさんが敬愛するアーティストと偶然遭遇。
インスタにも書いている通り、「文様を作品として発表するきっかけを作ってくれた人」ということから、ApsuShuseiさんが影響を受けたアーティストは沢山いると思いますが、もしかしたら「UA」さんかもしれません…
これはご本人に聞いていないことなので、インスタ上でそう推測したまででございますことをご了承下さい。

5-1.ApsuShuseiさんが良く聞くバンド・好きなアーティストは?

これも「おちゅーんApsuShusei タニシTシャツ新デザイン作画ライブ中継!」の動画内で、視聴者さんの質問に丁寧に答えてくれていました。
元々アーティストさんなので、本当に多くの音楽ジャンルを聞いているのですが、この配信中に教えてくれたアーティストは下記の方々です。

P-shirts
Ben FrostNetflix内の海外ドラマDarkの曲なども手掛けている)
Sawa angstrom
Sam Amidon
Clammbon
おちゅーんApsuShusei タニシTシャツ新デザイン作画ライブ中継! 」より

なお、ApsuShuseiさんのサイト→「MUSIC」に行くと、Apsuさん自身の音源も聞くことができるのでぜひ聞いてみて下さい!
最近はApsuさんの音源を聞きながら家事をしたり、記事投稿したり、作業用・集中用としてよく聞いており、集中・リラックスしたい時に最適な音楽です。

6.ApsuShuseiさんのメディア情報

Apsuさんの活動は本当に多岐に渡るので、ここでは怪談関連のメディア情報をご紹介します。

【DVD】
●怪奇蒐集者シリーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

 


怪奇蒐集者 Apsu Shusei [DVD]

AmazonPrimeVideoで見る方はこちら
U-NEXTで視聴する方はこちら

●住倉カオスの怪談★語ルシス


住倉カオスの怪談★語ルシス(9)

住倉カオスの怪談★語ルシス(10)

住倉カオスの怪談★語ルシス(16)

Apsuさんが出演されているのは、9回・10回・16回です。
なおYOUTUBEの「恐怖channel」にて、Apsuさんのお話が一話だけ上がっていたので、見てみて下さい!

AmazonPrimeVideoで見る方はこちら
U-NEXTで視聴する方はこちら

●密室怪談~脳で聴く怖い話(Amazonprimevideo)

密室怪談~脳で聴く怖い話(2)

YOUTUBEの「恐怖channel」でお試し版が公開されていたので、良かったら下記動画から雰囲気を味わって下さい!


AmazonPrimeVideoで見る方はこちら

【ネット】

●スピードワゴンの月曜The NIGHT
#176:幽霊ではない、人が怖いヒトコワ話

AbemaTVの公式サイトはこちらから

 ●おちゅーんOKOWA



実話怪談倶楽部

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿


「オールロケ実話怪談バスツアー第2弾」

怪談テラーズ

 

この投稿をInstagramで見る

 

apsushusei(@apsushusei)がシェアした投稿

出演回:19回 、20回、24回

7.まとめ

Apsuさんの声って穏やかで、なんか海のさざ波を彷彿とさせます。
文様もとても繊細で、でもダイナミックで格好良く美しい……
語り方も落ち着いていて、それがどんどん話に引き込ませられ、怪談が終わった後は「…はぁ…何この嫌な感じ…」といつも思います(笑)
アーティスト、ミュージシャン、怪談師と多岐にわたる活動をされているApsuさんは、2019年10月9日の「怪談新世紀」にも参加し、怪談を「アート」の域まで高めようとしており、Amazonprimevideo「密室怪談」の紹介でも、


怪談のミックスカルチャーを目指し、音楽・アート・旅などを怪談と合わせ、更なる怪談の楽しみ方を提案している密室怪談~脳で聴く怖い話(2)Apsuさん紹介文より引用


と語られるほど。「怪談」がただのエンタメじゃなく、文化的で芸術的なものとして後世に伝わるために、今後もApsuさんの活動に期待大したいと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました